【発展編】パワーポイント資料での動画の再生

【発展編】パワーポイント資料での動画の再生
今すぐ使える!プロの資料作成術「決算説明会資料作成ガイド」無料配布中

今回は、パワーポイント資料上で動画を再生する方法です。

プレゼンの途中で別のソフトに切り替えずにスムーズに動画を再生したい場合、パワーポイント資料内に動画ファイルを挿入するという手段があります。
パワーポイントでは、AVI形式、WMV形式、MPEG形式等の動画ファイルを挿入することが可能です。

1.パワーポイント資料へ動画を挿入する

「挿入」→「ビデオ」→「このコンピューター上のビデオ」という流れで、保存してある動画ファイルを選択し、パワーポイント資料のスライドに挿入します。

パワーポイント 動画 1

動画ファイルを選択した状態で、以下のように再生のタイミングを選択してください。

パワーポイント 動画 2

「クリック時」を選択すると、動画が挿入されているスライドで画像をクリックすると動画が再生されます。
「自動」を選択すると、動画が挿入されているスライドに切り替わったタイミングで自動的に動画が再生されます。用途に応じて使い分けてください。
その他、「音量」「全画面再生」「停止するまで繰り返す」「再生が終了したら巻き戻す」等の設定が可能です。

2.動画を編集する

パワーポイントの2010以降のバージョンは、動画の編集機能が充実しています。
動画の長さを調整するトリミング機能や、動画の冒頭にタイトルや内容を表す画像を挿入する機能等、パワーポイント上で編集できることが増えています。

パワーポイント 動画 3

このトリミング機能を使えば、特定のシーンだけが再生されるように動画を自在に編集することが可能になります。

3.スピーカーに音声出力を繋ぐ

最後に、大きな会場で音声を流す場合は、音声出力をスピーカーに忘れずに繋げてください。
スピーカーに繋げずに動画を流してもパソコンからの音しか聞こえませんので、ご注意ください。

【関連記事】
パワーポイントに動画を挿入する方法やパワーポイントで動画を作成する方法を解説!

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

\資料作成のプロに相談してみませんか?/

資料作成をより効率化したい、資料の内容がマンネリ化している、デザインが洗練されていない、考えを上手く図解化できない、プロのアドバイスが欲しい、などのお悩みはありませんか?

パワーポイント資料作成の専門家がアドバイスします。すぐに使える資料作成のポイントや優良事例もご紹介ができます。ご相談は無料のため、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

企画構成からデザインまで、パワーポイント資料をスピード納品

<<ご相談はこちら>>