【作成編】パワーポイント資料の配色②

【作成編】パワーポイント資料の配色②
今すぐ使える!プロの資料作成術「決算説明会資料作成ガイド」無料配布中

今回は、パワーポイント資料の配色についての続きです。
メインカラーとアクセントカラーの選定方法です。

1.テーマカラーをメインカラーにする

読み手の所属する組織にコーポレートカラー等のテーマカラーがある場合は、メインカラーはそのテーマカラーにしてください。
読み手のテーマカラーを採用することで同調の姿勢を示すことができ、好印象の獲得に繋がる可能性があるためです。
テーマカラーがない場合も、読み手に好みの色を確認してからメインカラーを設定することが望ましいでしょう。

2.アクセントカラーはメインカラーの補色

アクセントカラーはメインカラーとは違う意味合いで強調したい時や、2色の有彩色で比較して見せたい時に使用する色になりますので、メインカラーの補色がベターです。

パワーポイント 配色1

同系の色で揃えても大きな支障はありませんが、同系色とする場合は、違いをはっきり識別できる範囲で色を選定してください。

3.原色はなるべく避ける

パワーポイント資料で使用する色は原色ではなく、落ち着いた色にすることをおすすめします。
原色は目がチカチカして見にくいためです。
最近のパワーポイントのソフトではデフォルトの「テーマの色」が落ち着いた色で構成されているため、このカラーパレットの中から選定するのも一つです。

パワーポイント 配色2

【関連記事】
▶【作成編】パワーポイント資料の配色①
▶【発展編】パワーポイント資料の配色テクニック3選
▶伝わりやすいパワーポイントの色使いのポイントを解説!

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

\資料作成のプロに相談してみませんか?/

資料作成をより効率化したい、資料の内容がマンネリ化している、デザインが洗練されていない、考えを上手く図解化できない、プロのアドバイスが欲しい、などのお悩みはありませんか?

パワーポイント資料作成の専門家がアドバイスします。すぐに使える資料作成のポイントや優良事例もご紹介ができます。ご相談は無料のため、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

企画構成からデザインまで、パワーポイント資料をスピード納品

<<ご相談はこちら>>