【作成編】パワーポイント資料の配色①

今回は、資料の配色について解説していきます。

配色はパワーポイント資料に大きな影響をもたらします。
色使いを誤ると、読み手に誤解をされたり、内容が良くないと決めつけられてしまったりするためです。
趣味嗜好を完全に否定するわけではありませんが、配色においても、わかりやすさや作業効率の面で有効なルールを適用する必要性があります。
本ブログが推奨する統一ルールをぜひ導入してください。

1.色数はできるだけ少なく

以下の例のように複数の色がバラバラに使われていると、情報の優先順位が読み手に正しく伝わりません。

また、過度な色使いは内容への集中を妨げます。強調したい情報や区別を付けたい情報を際立たせるためには、色数をできるだけ少なくすることが必要です。
色のパターンが少なければ、配色の意図が読み手に伝わりやすくなり、内容に対する理解を引き上げることに繋がります。

なお、スライド内に色で際立たせたい情報が多数ある場合は、情報量がそもそも多過ぎる可能性がありますので、1スライド1メッセージの原則に従って構成を見直してください。

2.無彩色をベースとする

色数をできるだけ少なくすると同時に、優先順位が高くない要素は極力無彩色(白・黒・グレー)にしてください。
無彩色主体でスライドを作成することで、有彩色との差異が際立ち、情報間の優先順位が明確になります。
また、無彩色は基本的にどの有彩色とも相性が良いため、無彩色ベースでスライドを作っておけば汎用的に使えるものになります。

具体的な色使いのルールは、オブジェクトの背景が黒の場合は白のテキスト、背景がグレーの場合は濃さに合わせて黒・グレー・白のテキスト、背景が白の場合は黒・グレーのテキストです。
オブジェクトの色は塗りつぶし(背景)と枠線のいずれかのみに付けるようにしてください。

黒は有彩色並みに主張が強いため、図表への使用をあまりおすすめしません。薄めのグレーを多用し、あまり目立たないように作成することを心がけてください。
最初はすべて無彩色で作成するのがコツです。

3.有彩色は2色まで

最後に、統一的なルールの下に有彩色を付けていきます。
最小限の色数でわかりやすく表現するために、有彩色は資料全体のコンセプトカラーとなるメインカラー1色とアクセントに使うカラー1色のみに限定します。
メインカラーはパワーポイント資料全体を通して多用する有彩色で、オブジェクトを無彩色以外で作りたい時に最初に検討する色です。
アクセントカラーはスライド内の重要な情報を際立たせる時や、2色の有彩色で比較して見せたい時に使用する色になります。
色数は2色までになりますが、明度や透明度を調整しただけの同系色は使用しても構いません。
有彩色の具体的な選定方法については、次回ご説明します。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>