【完全版】パワーポイントで見やすいスケジュール表8選!実例イメージ付でご紹介

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line
スケジュール表の種類

顧客への提案やプロジェクトのディレクションを行う際、口頭や文章での説明よりも視覚的なスケジュール表があると理解が深まりますよね。しかし、いざスケジュール表を作成しようとすると、どのようなものを作れば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。
この記事では、見やすくわかりやすいスケジュール表の具体的な実例を8つご紹介します。
これらを参考にするだけでなく、パワーポイントでそのまま真似してアレンジすることもおすすめです。ぜひご活用ください!

今すぐ使える!プロの資料作成術「決算説明会資料作成ガイド」無料配布中

見やすいスケジュール表とは

スケジュール管理は、プロジェクトの成功を支える重要な要素です。
スケジュール表を作成するためには、「だれが、いつまでに、なにをするのか」を明確にすることが重要です。
これを明確にすることでスケジュールを一目で把握でき、チーム全体の効率を高めることができます。

スケジュールには大きく分けて2つのパターンがあります。

  1. 1. 短期のスケジュール
     1日のスケジュールやプロジェクトフローの管理するスケジュール表。
  2. 2. 長期のスケジュール
     月単位、年単位のプロジェクトや役割別の長期計画を立てるのに適しているスケジュール表。

まずは、作成したいスケジュールがどちらに該当するかを確認し、より適切なテンプレートや手法を選びましょう。

1. 短期スケジュール

短期スケジュールは数日から数週間程度の短い期間のタスク、または全体の工程やフローを説明するのに有効的なスケジュールです。
プロジェクト全体の大まかな流れ等を説明する時にぜひ活用しましょう。

1-1 フロースケジュール

フロースケジュール(縦)
フロースケジュール(横)

フロースケジュールは、プロジェクト全体の流れを視覚的に把握するために非常に有効的です。
短期プロジェクトや数週間以内のタスク管理をする際、各ステップがどのように進行するかを分かりやすく表現することができます。

1-2 フロースケジュール(役割毎)

フロースケジュール(役割ごと)

フローを役割毎に分割したスケジュールです。それぞれのタスクを日程に沿って示すことができます。
各ステップをタスクを役割毎に示すことで、より直感的にスケジュールが把握しやすくなります。

1-3 1日のスケジュール

1日のスケジュール

1日のスケジュールは、日々の業務やタスクを時間ごとに表現するのに適しています。
採用説明会や採用ホームページで社員の1日の業務の流れを紹介する時によく使われています。

2. 長期スケジュール

長期スケジュールは数ヶ月から1年にわたる長い期間を対象としたスケジュールです。
長期間のスケジュール管理や、長期プロジェクトのタスク管理を明確にするために使います。

2-1 【月間】イベント/プロジェクト別スケジュール

月間スケジュール(イベント・プロジェクト別)

1ヶ月間にわたる活動やタスクを一目で把握できます。
各イベントの予定やタスク、タイミング、マイルストーンを明確にすることで、1ヶ月間の流れを一目で把握することができます。

2-2 【年間】クオーター別スケジュール

年間スケジュール(クォーター別)

年間のクオーター別スケジュールは、1年を四半期ごとに区切って各クオーターごとの主要なタスクやイベントを明確に示すスケジュール表です。
IR決算関係のスケジュールや、経営の全社的なイベントスケジュールを作成する際に有効的なテンプレートです。

2-3 【年間】月別スケジュール

年間スケジュール(月別)

年間の月別スケジュールは、12ヶ月を均等に分けて各月ごとの主要なタスクやイベントを明記します。
この形式は、四半期などの区切りを設けず、年間を通じてプロジェクトやイベントの進捗を継続的に管理することができます。
ただし、細かい予定や日付を詰め込み過ぎないようにし、全体の流れを把握することに適してます。

2-4 【年間】プロジェクト別スケジュール

年間スケジュール(プロジェクト別)

プロジェクトのマイルストンをガントチャートで視覚的に表現したスケジュールです。
各工程の開始と終了時期が視覚的に分かりやすく、進捗管理が必要なプロジェクトに最適です。
特にクライアントとの長期かつ複雑なスケジュールを管理するために適した形式で、関係者が多い場合や多くのタスクがある場合には効果的です。

【参考】
パワーポイントで表を作成する方法!デザインのコツ・参考になる好事例も紹介

2-5 【年間】役割別スケジュール

年間スケジュール(役割別)

最後にご紹介するのは役割別のスケジュールです。
このレイアウトでは、各タスクの詳細な説明は省略し、担当者や役割ごとにタスクの実施時期をシンプルに視覚化しています。
年間のイベントスケジュールやプロジェクト進行など、さまざまな場面で適しているスケジュールです。

まとめ

今回は短期・長期に分けて合計8つの見やすいスケジュール表を紹介していきました。

スケジュール管理は、プロジェクトの成功に欠かせない要素です。
短期から長期まで多彩なスケジュール表を活用することで、関係者全員が同じ認識を持ちながらプロジェクトの進行を円滑に進めることができます。
チームの効率向上や円滑なコミュニケーションを促進するために、ぜひパワーポイントを活用して視覚的で分かりやすいスケジュール表を作成してみてくださいね。

資料作成代行サービスを提供するストリームラインが、自社のノウハウである資料作成術やパワーポイントの操作テクニックをご紹介します。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

\資料作成のプロに相談してみませんか?/

資料作成をより効率化したい、資料の内容がマンネリ化している、デザインが洗練されていない、考えを上手く図解化できない、プロのアドバイスが欲しい、などのお悩みはありませんか?

パワーポイント資料作成の専門家がアドバイスします。すぐに使える資料作成のポイントや優良事例もご紹介ができます。ご相談は無料のため、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

企画構成からデザインまで、パワーポイント資料をスピード納品

<<ご相談はこちら>>