伝わるピッチ資料の作り方について解説!作成時のポイントや構成例を紹介

資金調達やイベントなど、スタートアップの経営者は自社のビジネスについてプレゼンテーションする機会が数多くあります。プレゼンテーションの際には、口頭発表と同じくらい資料も重要になります。今回はスタートアップ経営者がプレゼンテーション時に使用するピッチ資料について解説します。

累計制作数1,000部以上。資料作成のプロが、構成やデザインのノウハウを無料で公開。

公開日 2020年12月1日 最終更新日 2021年9月29日

ピッチ資料とは

ピッチとは

ピッチとは、スタートアップが投資家などに自社やサービスを紹介するための短いプレゼンテーションのことです。プレゼンテーションよりもカジュアルな意味合いがあり、IT業界の中心地であるシリコンバレー由来で、スタートアップ界隈を中心に使用されています。

ベンチャーカンファレンスなど不特定多数の聞き手を対象にプレゼンテーションを行う場合も多いです。そのため、共感のしやすさや簡潔に伝えられるかどうかが重視されます。1枚のスライドは30秒から1分間、少し時間に余裕のある発表の場合ならば1枚2〜4分間程度にまとめるとよいでしょう。

ピッチ資料の主な目的

自社のビジネスに興味と理解を得て、投資などの行動をしてもらうことがピッチ資料の主な目的です。

ピッチ資料を作成することで、ビジネスモデルや事業戦略がブラッシュアップされる効果もあります。また、投資以外にも採用を目的としてピッチ資料を使用することもあります。(内部リンク「採用ピッチ資料」)

【関連記事】
▶採用ピッチ資料とは?メリットや作成方法を解説!

ピッチ資料作成の事前準備

目的を明確にする

まずは、ピッチ資料を用いて何を達成したいのかを明確にします。資料の目的を定めるにあたり重要なことは、誰に、どのような行動をとってほしいかの2点を決めることです。

誰からいくら資金を調達したいのか、どのような人材にジョインしてほしいのかなど、最終ゴールを明らかにしましょう。

まずは構成を考える

いきなりスライドを作成するのではなく、まずは全体の構成を考えることから始めます。

目的に沿っているかを意識しながら、まずは手書きやワードなどで構成を考えていきます。スライドの作り込みから始めると、目的から逸脱した資料になってしまい、作り込んだ後に大幅に修正することがあるからです。

目次レベルで見出しを検討し、内容の抜け漏れはないか、順序は適切かどうか、説得力のある根拠付はできているかなどの視点で十分に確認してください。

ストーリーを作る

短時間で共感を得るためにも、ストーリーを意識することを忘れてはいけません。
3分程度の短い時間で印象に残すためには、ストーリーをきちんと作り込む必要があります。

「なぜその課題を解決する必要があるのか」「なぜ今解決しなければならないのか」「なぜ自分たちがやるのか」について、根拠をもとにストーリーに落とし込みましょう。

シンプルな伝わりやすいデザインを心がける

シンプルで伝わりやすいデザインは視覚的に理解を助けてくれます。期待する結果を高める武器になるでしょう。

内容が重要なことは言うまでもありませんが、デザインもピッチ資料の重要な要素です。短時間でしっかり内容を伝えるためには、わかりやすいシンプルなデザインを心がけましょう。

ピッチ資料の基本の構成

ピッチ資料の基本的な構成を解説します。

表紙

まずは表紙ページでピッチ資料の概要・全体像を伝えます。
ピッチのタイトルと企業ロゴ、事業に関連する写真などを入れることで、どのような内容かを伝えることができます。

顧客の課題

解決しようとしている課題は何か、その課題をどのような顧客が抱いているのか、なぜ解決すべきなのかを説明します。
課題の深刻さや、それを解決したときのインパクトなどを語り、共感を得ましょう。

また、なぜ自分がその課題に詳しいのか、関心を持っているかについても、原体験などと絡めながら説明できれば、説得力が高まります。

解決策

次に、課題に対する解決策を説明します。

どのように課題を解決するのか、さまざまな解決策がある中でなぜその策なのかを提示します。
サービスのプロトタイプなどがあれば、写真や動画で視覚的に示すことで、解決策がよりイメージしやすくなります。
シード期の資金調達を狙う場合は、まずは短期的な解決策を提示しましょう。

トラクション

トランクションとは、どれだけの顧客を引っ張り、成長できるかということです。つまり、ビジネスの成長の可能性を示す実績があるかどうかを説明します。

トラクションは売上やユーザー数の推移、LTV(ライフタイムバリュー)、成長率、サービス継続率など既存の実績を基に定量的に示します。実際にユーザーに受け入れられ、成長が見込めることが分かるデータを提示するのがポイントです。

実績が用意できていないシード期の場合は、仮説や試算の精度の高さを示してください。

市場規模

市場規模、およびそこから想定される売上などを解説します。

市場規模はスタートアップの成長ポテンシャルを測る上で必要不可欠な要素です。
投資家がアップサイドの大きさに惹かれるような市場規模を示す必要があります。
とはいえ、最初は小規模な市場にフォーカスしていくことになるため、獲得可能性のある大きな市場規模と、実際にサービスを提供し主戦場とする市場規模の両方を示しましょう。

前者はTAM(Total Available Market)、後者はSAM(Serviceable Addressable Market)と言います。
最初はどの市場を狙い、どのような順番でスケールさせていくかを論理的に語り、投資家に力を感じさせましょう。

競合のリストアップ

競合をリストアップし、特徴を説明します。

パワーポイント ピッチ資料 ポジショニングマップ

競合との差別化要因、自社ならではの優位性を明確にするために、縦軸と横軸をとったポジショニングマップを使用して図示すると伝わりやすいです。

ビジネスモデルの独自性や、経営者やチームメンバーの経歴なども含め、自社のUSP(Unique Selling Proposition;自社ならではの強み)を伝えられるようにしましょう。

ビジネスモデル

ビジネスモデルのページでは、どのように収益を得るのかを明らかにすることが重要です。

どのタイミングで、誰から、どれほどの売上が出るのかを説明します。サービス・情報・お金の流れが複雑な場合は、図解すると伝わりやすくなります。

パワーポイント ピッチ資料 ビジネスモデル

売り上げが立つ前であっても、可能なかぎり現実的な数値を算定します。

チーム

ここまで説明してきたビジネスを、どのような体制で行うかを紹介します。
チームメンバーを紹介し、なぜこのチームで達成できるかを伝えるのがポイントです。

このビジネスで顧客の課題を解決でき、他の競合に勝てる理由を体制面からアピールしましょう。事業と関連のあるメンバーの前職の経歴や実績、学歴などを掲載しましょう。

資金調達計画と使い方

必要な金額規模や用途を詳しく説明するページです。
企業価値バリュエーション、株式の放出割合、資金調達スキーム、株式会社の種類、資金の投下期間なども記載すると良いです。

具体的な数値を出して、その資金を使って得る資源や成果を定義します。
聞き手が知りたい内容を想像しながら、事業のポイントをまとめていくことが重要です。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>