【発展編】意外と知らないパワーポイントのショートカットまとめ③

【発展編】意外と知らないパワーポイントのショートカットまとめ③
今すぐ使える!プロの資料作成術「決算説明会資料作成ガイド」無料配布中

今回は、プレゼンテーションをサポートするショートカット集です。

スライドショー実行中の機能こそ、プレゼンツールであるパワーポイントの真骨頂です。
一見の価値がある機能を厳選してご紹介していますので、利用シーンは少ないかもしれませんが、この機会にぜひ覚えてください。
パワーポイントでここまでできることは意外と知られていません。

1.スライドショーに書き込みをするショートカット

スライドショーの状態で[Ctrl]+Pを押すと、マウスポインタがペンに変わり、スライドに直接書き込みができるようになります。
以下のように、プレゼンの途中で注目して欲しい箇所を簡単に指し示すことができます。

パワーポイント ショートカット1

書き込みを消したい時は、[Ctrl]+Eを押します。表示中のスライドの書き込みをすべて消したい時はEのみを押します。
Pはペン(Pen)の頭文字、Eは消しゴム(Eraser)の頭文字として覚えておいてください。
PowerPoint 2013では、[Ctrl]+Iでマウスポインタを蛍光ペンにすることもできます。

2.レーザーポインターを表示するショートカット

今度は、PowerPoint2010以降に搭載されているレーザーポインター機能のご紹介です。
スライドショーの状態で[Ctrl]キーを押したまま、マウスの左ボタンを押しっぱなしにすると、マウスポインタがレーザーポインターに変わります。

パワーポイント ショートカット2

このパワーポイントの機能を知っていれば、レーザーポインターを用意する必要がなくなります。
PowerPoint2013では、[Ctrl]+Lで切り替えることが可能になりました。

3.画面を真っ黒・真っ白にするショートカット

最後は、スライドショーの画面を真っ黒にしたり、真っ白にしたりできるショートカットです。
真っ黒はB、真っ白はW、BlackとWhiteです。
この機能はパワーポイント以外のことに注目を集めたい時に有効です。
スライドを表示した状態では、どうしても視線がスライドに集まってしまいます。
パワーポイントから視線を逸らしたい場面でこの機能を使えば、読み手にその意思をはっきり伝えることができます。

まとめ①の記事ではパワーポイント資料の作成に役立つショートカットをご紹介しています。
▶【発展編】意外と知らないパワーポイントのショートカットまとめ①

まとめ②の記事ではスライドショーで使うショートカットをご紹介しています。
▶【発展編】意外と知らないパワーポイントのショートカットまとめ②

【関連記事】
【劇的効率化!】150個のおさえたいパワーポイントのショートカット|図解付き解説

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

\資料作成のプロに相談してみませんか?/

資料作成をより効率化したい、資料の内容がマンネリ化している、デザインが洗練されていない、考えを上手く図解化できない、プロのアドバイスが欲しい、などのお悩みはありませんか?

パワーポイント資料作成の専門家がアドバイスします。すぐに使える資料作成のポイントや優良事例もご紹介ができます。ご相談は無料のため、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

企画構成からデザインまで、パワーポイント資料をスピード納品

<<ご相談はこちら>>