【入門編】パワーポイントのフォントの設定②

今回は、パワーポイント資料のフォントの解説の続きです。
フォントの表現について、ポイントをご説明します。

パワーポイントでは、フォントに対して様々な設定を行うことが可能です。
大きさを変える、色を変える、太字にする、斜体にする、下線を引く、取り消し線を引く、影を付ける、反射させる、光彩を放たせる等、選択肢はたくさんあります。

1.フォントの装飾は最小限に

まず、様々な設定が可能であっても、フォントの装飾は最小限に留めてください。
過度な装飾や統一性に欠ける装飾は、シンプルな資料の体裁を壊します。
パワーポイント資料のフォントは、強調等の何らかの意味合いを示したい時に限り、シンプルに装飾するというのが基本ルールです。
また、装飾のパターンが多過ぎると、読み手に重要度の違いが伝わらず混乱を招くため、パターンの数も最小限に留めることが大切になります。
本ブログでは、パワーポイント資料の装飾を以下の通り「太字」「下線」「大きさの変更」「色の変更」に限定することをおすすめしています。

2.フォントの大きさの目安

フォントの大きさに関しては、そのパワーポイント資料のサイズや用途によって適正な基準が異なります。
講演会や大きな会議室での投影の場合は、なるべく大きいサイズに設定し、一番後ろの方でも問題なく読めることが必須条件になりますが、配布が前提の資料であれば比較的小さいフォントを使用します。
パワーポイントの配布資料でプレゼンをする場合は、本文は12~16pt、強調するテキストやタイトルテキストは18~20pt、スライドの主張となるリードメッセージやまとめのテキストは24~40pt程度とするのが一般的です。
強調テキストは本文のサイズを基準とし、役割に応じて1.5~2倍とするのが適切です。

3.行間はやや広めに調整

パワーポイントのデフォルトの行間はやや狭く、そのままでは読みづらいため、行間を調整することが有効です。
以下の通り、倍率を1倍から1.2倍に変更するとテキストが読みやすくなります。

「ホーム」→「段落」→「インデントと行間隔」→「行間 倍数:1.2」という流れで、倍数の数字を変更することで調整が可能です。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>