パワーポイントで配布資料を見やすく印刷する方法!基本から応用テクニックまで解説!

この記事では、パワーポイントで作った配布資料を印刷する方法について解説します。多くの人が悩みがちな印刷した資料の「余白」を減らす方法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

累計制作数1,000部以上。資料作成のプロが、構成やデザインのノウハウを無料で公開。

公開日 2020年12月1日 最終更新日 2021年9月29日

パワーポイントで配布資料を印刷する方法

最初に、パワーポイントで配布資料を印刷する場合の基本的な手順を確認しておきましょう。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック1

パワーポイントで配布資料を印刷するためにはまず、「ファイル」タブから「印刷」をクリックします。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック2

次に、「設定」オプションの2番目にある「フルページサイズのスライド」をクリックすると、レイアウトを選択するメニューが表示されるので、用紙1枚あたりに印刷するスライド数を指定します。

その他、「プリンター」オプションで資料を出力するプリンターの選択、「設定」オプションで印刷範囲や印刷部数、カラー/白黒などを指定することができます。

最後に、プレビューで設定内容を確認してから「印刷」をクリックすれば印刷できます。

配布資料内のスライドを大きく印刷する方法

上記の方法で印刷できますが、スライドを配布資料として印刷する場合に、大きさや間隔のカスタマイズができないというデメリットがあります。

複数のスライドを1ページに印刷する際に、「スライド間の余白を狭くして、それぞれのスライドをもっと大きく表示することはできないのだろうか?」といったお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、複数のスライドを1ページに印刷する際に、それぞれのスライドを大きく印刷するための4つの対処方法を解説します。

1ページあたりのスライドの枚数を少なくする

1つめの方法は、1ページに印刷するスライド枚数を少なくする方法です。たとえば、1ページあたりのスライド枚数が6枚の場合よりも2枚の場合の方がスライド1枚あたりのサイズを大きくすることができます。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック3

まず、「ファイル」タブから「印刷」をクリックし、用紙1枚あたりに印刷するスライド枚数を設定します。先ほど説明したとおり、「フルページサイズのスライド」をクリックすると画像のようなメニューが開きます。デフォルトの設定では、印刷対象が「フルページサイズのスライド」・「1スライド」になっていますが、配布資料用にはスライド枚数が少なくなるレイアウトを選択しましょう。

配布資料の枚数や見やすさも考慮すると、1ページに印刷するスライド枚数は、2枚から4枚程度が推奨されます。できるだけ余白を小さくしたいときは、「用紙に合わせて拡大/縮小」にチェックを入れましょう。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック4

設定を変更するとプレビューに反映されました。 

印刷用紙の方向を変更する

2つめの方法は、印刷用紙の方向を変更する方法です。印刷用紙の方向を横にすることで余白が少なくなり、スライドを大きく印刷することができます。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック5

画像のように縦方向だと余白が多くなっています。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック6

そのためにはまず、「ファイル」タブから「印刷」をクリックします。デフォルト設定では「縦方向」になっているので、「横方向」に変更しましょう。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック7

設定を変更するとプレビューに反映されました。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック8

ただし、スライドが2枚の場合は横向きよりも縦向きの方がスライドが大きくなるので、注意してください。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック9

プリンターの設定を変更する

3つめの方法は、配布資料を印刷するプリンター側の設定を変更するという方法です。そのためにはまず、「ファイル」タブから「印刷」をクリックします。「設定」オプションで「フルページサイズのスライド」を指定します。

次に、作業中のコンピュータの「プリンターのプロパティ」を開きます。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック10

設定方法はプリンターの機種により異なりますが、ページレイアウトや1枚の用紙に印刷するページ数のオプションから、任意のレイアウトを選択します。今回の例では、「ページ設定」タブ内にレイアウトのメニューがありました。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック11

最後に、プロパティ画面に表示されるページレイアウトが変更されたことをプレビューで確認したら、印刷をすればOKです。

ワードに貼り付ける

上記の「プリンターの設定変更」で対応しようとしても、機種によっては設定できないこともあります。その場合におすすめしたいのが、スライドをワードに貼り付けて印刷する方法です。スライドをワードにコピーすることで余白を小さくして印刷することができます。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック12

まず、パワーポイントの画面上でスライドを選択してコピーします。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック13

次に、ワードで新規作成画面を開き、コピーしたスライドを貼り付け、「レイアウト 」タブ→「余白」→「ユーザー設定の余白」の順にクリックします。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック14

ダイアログボックスが開くので余白を小さく設定して閉じ、スライドのサイズを拡大します。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック15

余白を縮め、スライドを拡大した例です。ここまで完了したら、ワードを印刷します。

メモ欄をつけて配布資料を印刷する方法

パワーポイントでは、スライドにメモ欄をつけて配布資料を印刷することができます。たとえばセミナーなどで、聞き手に書き込みをしてほしい場合には、メモ欄があると便利です。

メモ欄を表示するためにはいくつかの方法があります。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック16

まず、「ファイル」タブから「印刷」→「フルページサイズのスライド」の順にクリックします。次に、レイアウトを選択するメニューで「3スライド」を選択します。これによってレイアウトにメモ欄が追加されます。ただし、この方法ではメモ欄もスライドサイズも中途半端なので、配布資料の見栄えが悪くなります。

代替策として、A4サイズの縦上半分をスライド、下半分をメモ欄とするか、別途メモ用のページを用意することをおすすめします。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック17

用紙の下半分をメモ欄にするには、あらかじめ白紙のスライドを各スライド後に挿入しておき、「1ページに2枚」のレイアウト設定で印刷します。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック18

メモ用のページが追加されました。

スライドを1ページに1枚ずつ印刷する際に余白をなくす方法

パワーポイントのスライドを1ページに1枚ずつ印刷すると、デフォルト設定では数センチの余白ができてしまいます。

この余白を消すためにはまず、デザインタブの「ページ設定」で、スライドのサイズを印刷したい用紙の実寸サイズに設定します。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック19

今回はA4で印刷することを想定して、A4横の実寸サイズである297mm×210mmで設定しました。

次に、資料を出力するプリンターのプロパティをクリックして表示します。

そして、印刷ダイアログの「ページ設定」から「フチなし」を選択します。最後に、印刷プレビューで余白がなくなっていることを確認し、印刷開始ボタンをクリックします。なお、プリンターの機種によってはフチなし印刷に対応していない場合もあります。

配布資料を両面印刷する際の注意点

配布資料を両面印刷にする場合、短辺綴じにするか長辺綴じにするかを決める必要があります。どちらを選択するかによって、用紙の天地が変化するためです。

天地とは用紙の上下のことで、用紙を正面から見て上側が「天」、下側が「地」といいます。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック20 長編綴じ 短編綴じ

用紙の向きを「縦」、綴じ方を「長辺綴じ」の設定で印刷した場合、裏と表の天地は同じになります。一方、用紙の向きを「縦」、綴じ方を「短辺綴じ」の設定で印刷した場合、裏と表の天地が異なり、見にくくなります。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック21 長編綴じ 短編綴じ

また用紙の向きを「横」、綴じ方を「長辺綴じ」の設定で印刷した場合にも、裏と表の天地が異なり、見にくくなります。一方、用紙の向きを「横」、綴じ方を「短辺綴じ」の設定で印刷した場合、裏と表の天地は同じになります。

以上をまとめると、両面印刷をする際一般的には、

・用紙の向きが「縦」の場合は、「長編綴じ」
・用紙の向きが「横」の場合は、「短辺綴じ」

の設定が最適です。

パワーポイント 配布資料 印刷 テクニック22

綴じ方を設定・変更するためには、「ファイル」タブから「印刷」をクリックします。次に、「設定」オプションで「片面印刷」をクリックし、短辺綴じか長辺綴じを選択します。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>