Googleスライドとパワーポイントの違いとは?特徴や互換性についても解説!

Google社が開発したGoogleスライドと、Microsoft社が開発したパワーポイント。どちらもビジネスの場面でよく使われていますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?この記事では、Googleスライドとパワーポイントを比較しながら、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。気になる互換性や、Googleスライドの詳しい使い方を解説します。どちらを使おうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

累計制作数1,000部以上。資料作成のプロが、構成やデザインのノウハウを無料で公開。

Googleスライドとパワーポイントの違い

ここでは、Googleスライドとパワーポイントの違いについて解説します。両者の違いを簡単にまとめると、次の通りです。

パワーポイントGoogleスライド
データの保存場所(主に)ハードディスク(主に)クラウド
編集内容の保存方法(主に)手動自動
使用できる機能充実フォントの種類などがやや少なめ
料金有料無料

データの保存場所

パワーポイントのデータは原則としてパソコンのメモリに保存される一方、Googleスライドのデータは「Googleドライブ」というクラウド上に保存されます。

パワーポイントのデータは、通常は作業中のパソコンに保存されるため、インターネット環境がなくても作業ができます。ただしその反面、パソコンのハードディスクの容量を圧迫したり、他のユーザーや端末間でのデータ共有に手間がかかることがあります。(後ほど解説するように、パワーポイントもオンラインで使用することが可能です。)

一方、Googleスライドのデータはクラウド上に保存されるため、下記のようなメリットがあります。

・パソコンのハードディスクを圧迫しない
・オンラインで複数人での編集・閲覧が可能
・スマートフォンやタブレットなど、別端末からの編集も可能

ただその反面、インターネットに接続されていないとデータの保存ができないというデメリットがあります。(ただし後ほど解説するように、Googleスライドもオフラインで仕様することが可能です。)

編集内容の保存方法

パワーポイントではデータを保存するために、手動で「上書き保存」ボタンをクリックする必要がありますが、Googleスライドでは編集内容を自動で保存してくれます。

上の画像のように、内容を変更すると、都度ドライブに保存されます。

自動保存が適用されていれば、パソコンがフリーズした場合にも編集内容が消えることがないので安心です。また、複数の端末から同時に編集が可能なため、Googleスライドは共同編集にも向いています。

Googleスライドはオンラインでの編集が基本ですが、オフラインで使用することも可能です。

オフラインで使用するためには編集画面の「ファイル」タブから「オフラインで使用可能」を有効にします。

補足として、パワーポイントは従来オフラインでの使用が基本とされていましたが、2020年現在、Microsoft 365(旧Office 365)のようなオンラインサービスへと移行されつつあります。

パワーポイントをオンラインで使用し、データをクラウドに自動保存するためには、OneDriveというクラウドを経由します。OneDriveの利用にはMicrosoftのアカウントが別途必要になります。登録は簡単にできますので、興味のある方は検討してみてください。

使用できる機能

パワーポイントは機能が豊富にある一方、複雑な操作方法を習得するには時間がかかるというデメリットがあります。

Googleスライドはスライド作成に必要な最小限の機能が盛り込まれており、操作方法がシンプルで使いやすいです。ユーザーインターフェイス(操作画面)はパワーポイントに似ているため、パワーポイントを少しでも利用したことがある方なら、直感的に操作することができます。

ただし、機能を最小限に押さえているため、表現の自由度はパワーポイントにやや劣ります。
例を以下に3点挙げます。

・Googleスライドは対応するフォントが合計19種類(パワーポイントは60種類以上)
・Googleスライドで使える和文フォントは「メイリオ」「MS Pゴシック」「MS P明朝」の3種類(パワーポイントは数十種類)
・パワーポイントと比べるとGoogleスライドは使用できるアニメーションが少ない

機能面と操作面のメリット・デメリットを考慮して、用途に適したサービスを使用しましょう。

料金

パワーポイントはソフトウェアを有料で購入する必要がありますが、Googleスライドは無料で利用できます。

パワーポイントの購入方法は、「パッケージ(買い切り)型ライセンス」と「サブスクリプション(継続購入)型ライセンス」の2種類があります。

パッケージ型ライセンスとしては、「パワーポイント2019永続ライセンス」が16,284円で販売されており(2020年9月現在)、Microsoftの公式ストアや家電量販店などで購入することができます。

サブスクリプション型ライセンスとしては、「Microsoft 365」というサービスが公式ストアで販売されています。販売価格は、契約プラン(家庭用・ビジネス用)や契約期間により異なりますが、月々980円から契約できるプランもあります(2020年9月現在)。

なお、「パッケージ型ライセンス」と「サブスクリプション型ライセンス」の主な違いは、オンラインサービスが使えるかどうかです。サブスクリプション型ライセンスはオンラインサービスに対応しており、パッケージ型ライセンスは対応していません。

一方、Googleスライドは、Googleアカウントを取得している人であれば誰でも使うことができます。Googleアカウントは無料で簡単に取得することができます。

Googleスライドを利用するためには、まずGoogleアカウントにログインします。画面右上のアプリをクリックするとプルダウンメニューが開くので、その中から「スライド」を選択します。
GoogleChromeを使用している場合は、ブックマークバー左の「アプリ」をクリックすると遷移する画面からも、Googleスライドへアクセスすることができます。

あるいは、下記URLからもアクセスできます。
https://www.google.com/intl/ja_jp/slides/about/

「Googleスライドを使ってみる」をクリックすると、ログイン画面に移行します。
アカウント情報を入力し、ログインしてください。

Googleスライドとパワーポイントの変換方法

ここでは、Googleスライドからパワーポイントへ変換する方法と、パワーポイントからGoogleスライドへ変換する方法をそれぞれ紹介します。

Googleスライドをパワーポイントに書き出す

Googleスライドをパワーポイントに書き出すためには、まずGoogleスライドの編集画面を開きます。

次に「ファイル」タブから「ダウンロード」「Microsoft PowerPoint」の順にクリックします。

これにより、Googleスライドで作成したファイルがパワーポイント形式(.pptx)でダウンロードされます。ダウンロードしたファイルをパワーポイントで開くことで、パワーポイント上でファイルを編集することも可能です。

パワーポイントをGoogleスライドで開く

パワーポイントをGoogleスライドで開くためには、該当するファイルをGoogleドライブにアップロードする必要があります。

ファイルをGoogleドライブに保存するためには、まず「ファイル」タブから「開く」もしくは「スライドをインポート」をクリックします。

「開く」の場合、上記画面の「アップロード」タブを選択し、パワーポイントファイルをドラッグアンドドロップしてください。

「スライドをインポート」の場合、上記画面の「アップロード」タブを選択し、パワーポイントファイルをドラッグアンドドロップしてください。

もしくはGoogleドライブのトップページにある「新規」から、「ファイルのアップロード」もしくは「フォルダのアップロード」をクリックし、Googleドライブからファイルを開く方法でも可能です。

該当するファイルをGoogleドライブに保存したら、Googleドライブ上でそのファイルを右クリックします。表示されるオプションメニューの中から「アプリで開く」「Googleスライド」の順で選択します。

Googleスライドとパワーポイントの互換性

Googleスライドとパワーポイントの間には一定の互換性があります。

ただし、パワーポイントファイルをGoogleスライドで開く場合、Googleスライドに搭載されていないフォントは自動的に他のフォントに変換されてしまうので注意しましょう。このようなフォントの自動変換によって、レイアウトが崩れる可能性があります。

またアニメーション効果もパワーポイントの方が多いため、Googleスライドにないものは自動で差し替えられる可能性があります。

その他にも、利用できる図形や線(矢印)等の大きさや種類の違いによって、図形の中におさめていたテキストがはみ出したり、箇条書き先頭の記号が文字化けしたりと、レイアウトが崩れてしまう可能性があります。

こちらのパワーポイントで作成したスライドは游ゴシックを使用して作成しました。

Googleスライドにインポートすると上の画像のようになります。
今回は、下記の現象が確認されました。

・フォントはArialに変更
・スライドタイトルが小さくなる
・行頭文字のデザインが変わる
・一番下の図形からテキストがはみ出す

そのため、原則としてGoogleスライドとパワーポイントの両方を用いて編集することはおすすめできません。やむを得ずGoogleスライドとパワーポイントの両方を用いて編集する場合には、レイアウトが崩れるリスクを考慮のうえ、時間の余裕を持って準備をすることをおすすめします。

Googleスライドを利用するメリット

ここまで見てきたように、パワーポイントもGoogleスライドも利便性の高いソフトウェアですが、ここでは特に、Googleスライドを利用するメリットとして、便利な5つの機能を取り上げて紹介します。

複数人で同時に編集できる

Googleスライドを共有することで、スライドを複数人で同時に編集することができます。
スライドの共有範囲には「追加されたユーザーのみ」「リンクを知っている全員」の2つのオプションが用意されており、用途に合った共有範囲を選ぶことで、無関係の人物がスライドにアクセスしてしまう可能性を下げることができます。

Googleスライドでは履歴が残せるので、誰がどのような編集をしたのか、バージョンを確認することもできます。画面上部にある「コメントを追加」をクリックすれば、他の編集メンバーに向けてコメントを挿入することもできます。

さらに、Googleスライドには、リアルタイムでコメントのやりとりができるチャットツールもあります。チャットツールを利用するためには、編集画面右上にあるチャットアイコンをクリックします(この機能は、同時にファイルを編集している人が複数人いる場合にのみ有効です)。

過去データの復元がしやすい

Googleスライドには、過去データの復元がしやすいというメリットもあります。

「ファイル」タブ→「変更履歴」→「変更履歴を表示」より変更履歴を開きます。

復元させたい版を選択し、左上の「この版を復元」を選択します。

また、万が一スライドファイルを削除してしまった場合にも、30日以内であればドライブの「ゴミ箱」から復元できるので、安心です。

スプレッドシートとも連携しやすい

Googleが提供するスプレッドシートとGoogleスライドを連携させることで、スライド内に表やグラフを挿入することができます。

スプレッドシート上で表を選択し、コピーします。

「スプレッドシートにリンクする」、「リンクなしで貼り付け」のいずれかにチェックを入れて、貼り付けを選択します。前者はスプレッドシートが更新されると、スライドのデータも更新されます。

WEBサイトに埋め込みができる

Googleスライドで作ったプレゼンテーション資料をWEBサイトなどに埋め込んで、インターネット上で公開することができます。

公開するためには、編集画面の「ファイル」タブから「ウェブに公開」→「埋め込む」→「公開」の順にクリックします。

HTMLコードが発行されるので、コードをコピーしてWEBサイトに埋め込めば完了です。

ビデオ会議でのプレゼンテーションがしやすい

画面共有を活用して、ビデオ会議でプレゼンテーションを行う場合はGoogleスライドが便利です。Googleスライドと、同じくGoogleが提供しているビデオ会議サービスGoogle Meetと連携させることで、よりスムーズなプレゼンテーションをすることができます。

以下、GoogleスライドとGoogle Meetを使ったビデオ会議の大まかな流れを解説します。

Googleスライドを開き、編集画面から「プレゼンター表示」をクリックし、プレゼンター表示のウインドウを開きます。

スライド画面のみを画面共有することで、発表用のメモ書きなどのスピーカーノート部分を映すことなくプレゼンテーションをすることができます。

ブラウザ(Google Chromeを推奨)の別のタブでGoogle Meetを開きます。Google Meetにアクセスするためには、Googleのホーム画面右上にあるサービス一覧からGoogle Meetのアイコンをクリックするか、下記のURLから直接アクセスします。

Google Meet:https://apps.google.com/intl/ja/meet/

Google Meetで「会議に参加」もしくは「会議を開始」をクリックすると、ビデオ画面が立ち上がります。

画面中央右よりにある「画面を共有」→「Chromeタブ」を選択するとポップアップウィンドウが立ち上がります。
「Chromeタブの共有」ウィンドウからGoogleスライドを開いているタブを選択します。これにより、Googleスライドの画面(スライドのみが表示されている画面)だけを共有することができます。

上記のように、発表者のみがスピーカーノートを見る画面共有の方法はパワーポイントでも可能ですが、デュアルモニターと発表者ツールを使う必要があります。Googleスライドの場合はシングルモニターでおこなうことができるので、より利便性が高いです。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>