パワーポイントで音楽を挿入する方法!BGMなど音声ファイルを有効活用

パワーポイントを使ったプレゼンテーション資料に、BGMやナレーションなどのオーディオ(音声)ファイルを追加する場合があります。音楽などを挿入することで文字や図表などの視覚効果だけでなく、聴覚効果も交えながら情報を伝えることができます。

そこでこの記事では、パワーポイントに音声ファイルを挿入する方法を詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

パワーポイントに音楽を挿入する方法

パワーポイント資料に音楽などの音声ファイルを挿入するためには、まず、挿入したいスライドを選択します。次に、「挿入」タブ→「メディア」→「オーディオ」→「このコンピューター上のオーディオ」の順にクリックします。

「オーディオの挿入」ダイアログボックスが表示されるので、挿入したい音声ファイルを選択し、「挿入」をクリックします。

スライドに音声ファイルが埋め込まれました。
音声ファイルが正しく挿入された場合、スライド上にサウンドを示すアイコンが表示されます。このアイコンを操作することによって、プレゼンテーションの最中に音声ファイルを再生することができます。

音楽が挿入できないときに確認するべきこと

先述の操作をしたにもかかわらず音声ファイルが挿入されない場合には、挿入したい音声ファイルの形式がパワーポイントに対応しているかを確認しましょう。
パワーポイントでは、下記形式の音声ファイルを開くことができます。
 ・.wma
 ・.wav
 ・.mp3
 ・.m4a/mp4
 ・.mid/midi
 ・.au
 ・.aiff

パワーポイントに挿入した音楽を削除する方法

パワーポイントに挿入済みの音声ファイルを削除するためには、スライド上のサウンドアイコンをクリックで選択します。
サウンドのアイコンを選択した状態で、Deleteキーを押すと、ファイルが削除されます。

削除が完了しました。

パワーポイントで音楽を編集する方法

トリミングする方法

パワーポイントでは、挿入された音声ファイルをトリミングをすることができます。BGMなどの音声を自分の好きな箇所から開始したい場合や、途中で終了したいときなどに便利です。

スライド上のサウンドアイコンを選択し、「オーディオツール」の「再生」タブから「オーディオのトリミング」をクリックします。

表示されたダイアログボックスから「音楽の開始・終了の時刻」をドラッグで設定します。再生ボタンで音声を流しながら開始と終了のタイミングを調整し、最後にOKボタンをクリックします。

トリミングが完了しました。

パワーポイントのトリミングでできることは、音声ファイルの一部分を切り出す作業のみです。したがって、任意の箇所を切り取って繋げるといったような編集には対応していません。音声を本格的に編集する必要がある場合には、事前に編集ソフトを用いて調整した上でパワーポイントに挿入しましょう。

フェードアウトさせる方法

パワーポイントでは、音声をフェードアウトさせることもできます。フェードアウトとは、音量が徐々に小さくなり、最終的にゼロになる効果です。フェードアウトは、特にBGMなどを自然に終わらせたい場合に重宝します。

まず、スライド上のサウンドアイコンを選択します。次に、「再生」タブを開き、フェードアウトの長さを設定します。

設定したら、違和感がないか確認しましょう。
スライド上のサウンドアイコンにカーソルを合わせると、アイコンの下に「オーディオ再生バー」が表示されます。
オーディオ再生バーの再生終了間際の時点(バーの右端あたり)をあらかじめクリックで指定した上で、再生ボタン(▶︎)で音声を再生すれば、効率的に確認できます。

スライド表示と同時に音楽を流す方法

スライド開始後にすぐ音楽を流す

スライドショーの開始と同時に音声ファイルを自動再生するためには、まず、スライド上のサウンドアイコンをクリックします。

次に「オーディオツール」の「再生」タブ→「オーディオオプション」グループにある「開始」から「自動」を選択します。これによって、音声ファイルの自動再生が設定されました。
「スライドショー」タブの「最初から」をクリックして、違和感がないかテストしておきましょう。

スライド開始から少し遅れて音楽を流す

スライドショーの開始と時間差をつけて音声ファイルを自動再生するためには、まず、スライド上のサウンドアイコンをクリックします。

次に、「アニメーション」タブ→「アニメーションの追加」→「メディア」の下の「再生」の順でクリックします。

その後、「アニメーション」タブから「アニメーションウインドウ」をクリックして表示します。この時、音声クリップがウィンドウの一番上に来ていることを確認しましょう。

アニメーションウィンドウ上に表示されている音声クリップの下矢印(▼)のプルダウンメニューから「効果のオプション」をクリックします。
そして、「効果のオプション」の「効果」タブを開き、「再生開始」のオプションを「最初」にします。また「再生停止」のオプションを「現在のスライドの後」にします。

最後に「効果のオプション」の「タイミング」タブを開き、「開始」で「直前の動作と同時」を選択し、遅延ボックスで時間差(秒単位)を設定します。

音声ファイルをテスト再生するためには、「スライドショー」タブの「最初から」をクリックします。
遅延機能を活用することで、スライド上の音声ファイルとオブジェクトのアニメーションの再生タイミングを揃えることもできるので、知っておくと便利です。

音楽を繰り返し流す方法

スライドが終わるまで音楽を繰り返す方法

任意のスライドを別のスライドに切り替えるまで、同一の音声ファイルを繰り返し再生し続ける方法があります。

まず、スライド上で該当のサウンドアイコンを選択します。次に、「オーディオツール」の「再生」タブを開き、「オーディオのオプション」グループの中にある、「停止するまで繰り返す」にチェックマークを入れれば完了です。

実際に再生して反映されているかを確認しましょう。

スライドを切り替えても音楽を繰り返す方法

任意のスライドを別のスライドに切り替えても、同一の音声ファイルを繰り返し再生し続ける方法があります。

まず、スライド上で該当するサウンドアイコンを選択します。次に、「オーディオツール」の「再生」タブを開き、「オーディオのオプション」グループの中にある「停止するまで繰り返す」と「スライド切り替え後も再生」の2ヶ所にチェックマークを入れれば完了です。

1枚目と2枚目以降のスライドに異なる音楽を挿入する方法

1枚目のスライドの設定

まずは、1枚目のスライド設定です。

1枚目のスライド上で、サウンドアイコンを選択します。次に、「オーディオツール」の「再生」タブを開き、「オーディオのオプション」グループの中にある「スライド切り替え後も再生」のチェックマークを外します。これによって、挿入された音声は1枚目のスライドが終わると同時に終了します。

2枚目のスライドの設定

次に、2枚目以降のスライドに音声ファイルを設定します。

2枚目のスライド上で、サウンドアイコンを選択します。次に、「オーディオツール」の「再生」タブを開き、「オーディオのオプション」グループの中にある「停止するまで繰り返す」と「スライド切り替え後も再生」の2ヶ所にチェックマークを入れます。これによって、2枚目のスライドに挿入された音声ファイルは、2枚目のスライド以降、スライドショーが終了するまで、繰り返し再生されます。

1枚目と2枚目以降のスライドの設定を終えたら、最後に、「スライドショー」タブの「最初から」をクリックし、音声ファイルをテスト再生しましょう。 

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

パワーポイント資料の作成にお悩みの方はプロに相談してみませんか?

パワーポイントの資料を作成する際に、時間がかかりすぎてしまう、どうしてもわかりやすい資料が作れないといった悩みはありませんか?

そのような場合は、パワーポイント資料作成のプロに相談してみるのも一つの方法です。

バーチャルプランナーはあらゆるビジネス資料の作成を、企画構成からデザインまでワンストップで代行するサービスです。

お客様の準備が不十分であっても、訪問や電話によるヒアリングを通して情報の整理を主導していきます。

創業4年で450社以上の資料を作成した実績豊富なプロに、相談してみてはいかがでしょうか?

バーチャルプランナーの詳細はこちら>>