【保存版】PowerPoint 2019の便利な新機能7選(前編)

【パワーポイント2019の新機能 7選】 前編

PowerPoint 2019は、前のバージョンの2016からの大きな変更はありませんが、新たに追加された機能にはすぐに役立つ便利機能も沢山あります。7つの便利な機能について3回に分けて解説します。

今すぐ使える!プロの資料作成術「決算説明会資料作成ガイド」無料配布中

1.「ズーム」の挿入

パワーポイント2019 では、スライドショーをよりダイナミックにする機能として「ズーム」が追加されています。
ズームとは、「スライドショーの途中で別のスライドにジャンプすることができる機能」です。
ズームを追加するには、[挿入]、[ズーム] の順に選びます。

パワーポイント2019 新機能 1

ここで、「サマリー ズーム」「セクションズーム」「スライドズーム」の3種類から選ぶことができます。 ​

サマリーズーム

よく使うページを複数選択し、スライドショーの途中で選択したページにジャンプすることができる機能です。視覚的に理解できる目次のような機能です。

例えば、全25ページのスライドショーのうち、3つのトピックについて説明を行うとして、

P1~P5:導入
P6~P13:トピック1
P14~P21:トピック2
P22~P25:トピック3

という構成だと仮定すると・・・
それぞれのトピックの開始スライドであるP6,P14,P22のスライドを、まるで「目次」のように1枚のスライド内に視覚的に表示させることができます。

設定する方法は下記です。
「ズーム」→「サマリーズーム」を選択します。すると下のようなダイアログボックスが開きます。

パワーポイント2019 新機能 2

P6,P14,P22のスライドを選択したら、[挿入] を選択します。サマリーズームが作成され、サマリーズームに含まれている最初のスライドの直前に新しいスライドとして表示されます。

挿入されたスライドをスライドショーで見ると、選択したスライドが小さく表示されています。
このスライドをクリックすると、該当のスライドにジャンプすることができます。

セクションズーム

セクションズームは、サマリーズームなどで作成した「セクション」にジャンプできる機能です。
「セクション」とは、サマリーズームを挿入した際に登録したスライドを区切りとして、スライドをまとめた単位のことです。
例えば先ほどの構成だと、
P6~P13、P14~P21、P22~P25の3つのスライドのまとまりが生成されます。

「ズーム」→「セクションズーム」を選択します。すると下のようなダイアログボックスが開きます。

パワーポイント2019 新機能 3

「サマリーズーム」とは異なり、新しいスライドは挿入されず、現在選択しているスライドの中にズームオブジェクトが生成されます。

スライドズーム

「スライドズーム」は、セクションに移動する「セクションズーム」とは異なり、指定したスライドに移動できる機能です。

【パワーポイント2019の新機能 7選】中編【パワーポイント2019の新機能 7選】後編では、残りの6機能をご紹介していきます。

Share:

  • facebook
  • twitter
  • line

\資料作成のプロに相談してみませんか?/

資料作成をより効率化したい、資料の内容がマンネリ化している、デザインが洗練されていない、考えを上手く図解化できない、プロのアドバイスが欲しい、などのお悩みはありませんか?

パワーポイント資料作成の専門家がアドバイスします。すぐに使える資料作成のポイントや優良事例もご紹介ができます。ご相談は無料のため、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

企画構成からデザインまで、パワーポイント資料をスピード納品

<<ご相談はこちら>>